地震災害から地域を守る

内陸活断層地震への防災・減災のための研究

活断層学会2020年度秋季学術大会に参加しました

日本活断層学会2020年度秋季大会にて,当講座から2件の発表がありました.遠田教授が論文賞を受賞,𠮷見助手が若手優秀発表賞を受賞しました.

詳細を確認する

熊本・阿蘇地域の巡検調査をおこないました

2016年4月14日に熊本県および大分県周辺で発生し、最大震度7を観測した熊本地震の震源地周辺において、熊本~阿蘇地域にかけて、地形変化を観察する巡検調査をおこないました。

詳細を確認する

2019年11月 新規講座開設

2019年11月1日、応用地質株式会社と東北大学災害科学国際研究所の連携により本講座を開設いたしました。

本講座では、近い将来の発生が懸念される都市部直下型の内陸活断層大地震について、地形学および地質学、地震学、地震工学的なアプローチにより具体的で実践的な防災・減災案を提示することを目指しております。研究成果は将来的に地域や社会と共有し、被害軽減策の立案や危機管理に活用可能な情報となるよう計画しております。

詳細を確認する

講座概要

講座名 都市直下地震災害(応用地質)寄附部門
設立 2019年11月1日
研究内容

都市直下型の内陸活断層大地震について、地形学および地質学、地震学、地震工学の観点から

防災・減災案を提示することを目指し、研究を実施する。

詳細を確認する

住所

〒980-8572 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 東北大学災害科学国際研究所

アクセス

Copyright(c) 2019 EDP-OYO. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com